ネット世界の誹謗中傷対策

インターネットでは誹謗中傷はよくあります。これを防ぐことができる会社があるならば、よく流行るだろうと思います。

ネット世界の誹謗中傷対策

インターネットの世界では誹謗中傷はよくあります。

インターネットが普及して、もう20年程度経ちます。この間、いろんなものを見ました。以前、ホームページを作って、それに掲示板をつけるのが流行りました。その日の出来事などを掲示板に書くのです。そしたら、それを見た人がそれに対するコメントを書いてくれたりするのです。今のブログ的なものです。当時、この掲示板に、そのホームページの管理人を誹謗中傷する記事がたくさん書かれ困っている管理人がたくさんいました。これをその当時は、掲示板荒しと呼んだりしていました。殺すとか刺すとか言う殺伐とした言葉がたくさん書き込まれるのです。ホームページを作ってネットを楽しんでいる人には、当時から女性がかなり多かったのです。その為、掲示板荒しにあうと、怖くなって、ネットをやめる人も多かったです。それに、当時は、そのような行為をやめさせる手立てがなかったのです。しばらくすると、殺伐な文字を書いた書き込みを投稿することが出来ない掲示板や、かなり間隔をあけないと、続けて投稿が出来ない掲示板など、掲示板荒しを防ぐ掲示板が出来てきて人気になりました。

このようなことは、ホームページでも起こっていました。ある家電メーカーの電気製品の悪口をいたるところに書いたり、悪口を書いたサイトを作って、それが検索サイトで上位表示されるようにしたものなど、手の込んだものまでありました。個人の掲示板が荒らされるのは、心情的に辛いものがありますが、損害金は出ません。ところがホームページで家電製品の悪口を書くのは、メーカーサイドにしてみれば、実質的に損害金が出るのです。これは防ぐことができないので、どのメーカーも頭を悩ませた問題だと思います。これに関しては現在も同じではないかと思います。ただ、現在では、このような行為による被害を少しでも軽減させることを目的とした会社が存在すると聞いたことがあります。どのようにして、被害を少なくするのかわからないのですが、このような会社は、絶対に必要だし、その技術がしっかりしているのなら、物すごく流行るだろうなと思います。

注目の情報